初心者には新築アパート投資

アパートローンが広くいきわたっていることで、新築アパート投資は注目されるようになりました。

しかし一方で、新築のアパートが増えていくことにより、家賃を下げなければ、空室になってしまうという事態が起こっているのです。

家賃を一度下げてしまうと、上げることはそう簡単にはいかないのが事実です。

たとえ、アパートが満室だとしても、最初に予定していた収入より少なくなってしまうのです。

周りには、たくさんの物件があるので、家賃を下げるだけでは入居してもらえるとも限りません。

なかなか、難しいようですね。

新築のアパート投資は、新築ということだけあって当分は、修理などもなく管理会社でのサポート面もしかっりしているようなので、他の投資をするより安全のようです。

物件を選ぶときにも注意が必要です。

まず、駅から歩いて10分くらいで、それ以上になるときは駐車場も必要になってきます。

また、家賃の平均を調べることも大切です。

今だけではなく、利益が取れているのかシュミレーションすることで、将来、10年後はどうなっているのか確認することも見なくてはいけません。

これから、アパート投資を始めようと思っている人もいるのではないでしょうか。

新築アパート投資は、不動産投資の中でも初心者向けのようです。

むかしのアパート投資というものは、土地を持っている人が、その土地にアパートを建てるというのが当たり前のようでした。

しかし、今では土地を持っていなくても新築のアパートを建てるという投資が普通になってきているのです。

いまでは、一軒家の需要の増加にともない、土地の値段は若干、上向きのようですが、新築アパートの投資が広がり始めたとされる20年ほど前は、バブル崩壊の影響もあって、土地の値段が大きく下落していたのです。

この投資にとって、土地の値段が低いということは、とても大きなポイントなのです。

そんな新築アパート投資を専門でやっている業者も、調べてみるとたくさんあるようです。

ちなみに、こちらになります。

アパート投資のメリットデメリットを見る

サポート体制がしっかりしている会社もあるので、まずは、いろいろな会社で詳しく話を聞いてみるのもいいのかもしれません。

Comments are closed.